Adkhabar
Publicize Your Brand

MIHO NONAKA ON HER OLYMPIC DEBUT AND KEEPING POSITIVE THROUGH HER INJURY TO WIN SILVER

Through our “In Their Words” series, we have been catching up with athletes that are leading their sports, to discuss their experience taking part in the games that almost didn’t happen. In this piece, Olympic Climber and Silver Medalist Miho Nonaka talks through her debut Olympics, overcoming her injury and its effects emotionally and her support system.

Congratulations on your achievement. How do you feel right now?

Well, right after the competition I was in a daze and disbelief like, “did it really happen?” but eventually as time passed on, I was overwhelmed with delight that I had won a medal and my heart was pounding as I looked back on what had happened.

You are part of history, as Sports Climbing made its debut in the Olympics, how does it feel to become an Olympian with your sport?

Ever since I started climbing, I strove to be the strongest climber in the world. And a simple and easy way to prove that was to win competitions and be at the top. My goal was to leave a footprint and I was able to do so by winning the silver medal. I hope to continue to do the same in the future games such as Paris.

With the Olympics delayed a year, what was the last year like, getting ready to compete?

Honestly, it’s been very hard but now that it’s all over, I guess the hardship really helped me to grow overall and I am very thankful for the experience.

Who are you most grateful for currently?

It’s everyone. Truly, everyone. Each and every person who has been involved with me. I am thankful for my friends when I was going through a tough time mentally, my family when I needed to release my frustrations, my sponsors who supported me and my teammates that made me want to do my best. If it wasn’t for everyone, my strive to perform would have been halved.

MIHO NONAKA

What was your most memorable moment at this competition?

This competition has really taught me to believe in myself, to believe in what I’ve accomplished and the importance of trust. I think I had strong impression of that, even more than my climbing.

Mental Wellness was an important theme during the Olympics, how did you manage your well-being when you were preparing to compete?

Well, I guess because of my injury, I wasn’t expecting too much of myself in a good way. I put on hold of having high expectation on myself. Sure, I wanted a medal. I wanted to do my best and live up to everyone’s expectation, but I wanted to drop the expectations from those supporting me once, and instead I decided to focus and believe on what I have accomplished and get the job done. As a result, I was able to control my mental state. I could really feel that so many athletes were really nervous because of the Olympics stage, same when I went to watch the men’s competition as well. I watched the men’s qualifying games, and I thought, well, I’ll just put my expectations aside for now, and see what happens. Just give my best to whatever that is within my control. In this combined format, your rank varies so much from other player’s performance. So, I focused on my performance and left the rest to other players.

Sometimes it is difficult for people to increase their motivation when they are feeling down. If you were to give advice to someone in that situation, what would you say to them?

Well, this connects to what I was saying earlier, but it’s about believing in yourself. I was doing well one month ago, in great condition, until I sustained an injury felt down. The experience pushed me to be better and stronger. I would not have had this strength to believe in myself if I didn’t feel down due to injury. It’s difficult as it’s normal to stop moving forward or even give up when you’re feeling down, but please believe in yourself. I could have given any reason, and there were plenty of times when I could have given up, but I think it was my mental strength that kept me going beyond that.

Do you have any message for your future leading athletes?

I have been competing continuously and it’s not always fun, but then I ask myself, why do I continue?  And then I realize that it is fun. I’ve managed to find the fun in the hardships and difficulties which then doesn’t seem too painful and becomes a positive experience. These hardships and pressure can’t be experienced if you don’t compete in this stage. So please cherish and enjoy the moment.

What is your next challenge?

I do have rivals, but climbing is not against a person, but a battle between myself and a wall. It is up to me to climb it which requires me to broaden my strength and possibilities. I just finished competing, so have not set my mind yet, but I would like to have success in Paris Olympics and all the other competitions up ahead, which will enable me to become even stronger climber.

Miho is also featured in the upcoming The Wall Documentary. The documentary follows four elite female climbers on their journey to Tokyo 2020 Olympics. Film to debut to a global audience early 2022 across digital platforms.

野中生萌選手が語るメダル獲得への道のり

開催も危ぶまれた大会での貴重な経験を各スポーツを牽引するアスリートに語って頂く、このコラム。今回はプロクライマーの野中生萌選手が周りのサポートもありながら、いかに怪我や様々な困難に打ち勝ってきたか、語って頂きました。

今回、改めておめでとうございます。終わってみて、率直な感想を聞かせいただけますか?

競技が終わった直後は、本当に?という感じであんまり信じられなかったのですが、徐々に徐々に時間が経って、本当にメダルが取れたんだ、と嬉しく思う気持ちと、未だに振り返ると胸がこうドキドキするような、そんな感覚ですね。

新競技ですので、競技初のメダリストとなりました。今後、女性アスリートとしてこの競技を背負っていくという意味で、どういうことを今後していきたいのとか、そこに込める思いとかあれば聞かせて頂けますか?

私がずっとそのクライミングを始めた頃から目指してるものは、世界で一番強いクライマーになることです。それの証明としてやはり一番わかりやすいのは大会で勝つことで、一番トップにいるというのが、わかりやすいなと思い、その証明の一つとして大会で成績を残すというのを目標にしてやってきました。ですので、今回のオリンピックでの銀メダルもそうですし、その先を見てパリもありますのでこの先の大会でも結果を出し続けたいなと思っています。

大会の延期と言う今までにない道でしたが、野中選手にとって本番を向かえるまで、どのような一年だったでしょうか?

しんどかったというのが、正直なところですが、終わってしまえばそういう辛い時期も、全て私を成長させてくれるためのひとつの要素にすぎなかったです。私に起きたすべての事に感謝したいし、成長させてくれてありがとう、と思えます。

今野中選手がもっとも感謝したい人は、誰ですか?

私に関わってくれた全ての人ですね。自分のメンタルが厳しいときには友人でしたし、フラストレーションも含めて吐き出せたのはやっぱり家族でした。サポートして頂いているスポンサーでしたり、自分のチームの方々がいたから、頑張ろうと思えましたし、応援して頂いているファンの人がいたからその方々に応えようと思えました。本当に皆さんがいてくれていたからです。もしいなかったら、頑張る理由は半減していたと思います。

MIHO NONAKA

この大会で、野中選手の一番の思い出はなんでしたか?

この大会で本当に、自分を信じること、自分がやってきたことを、信じること、その信じるという事の大切さをすごく学んだ大会になりました。自分のクライミングよりも、そういったことがすごく印象的に残った大会になりました。

当大会でメンタルウエルネスという言葉が期間中に出できましたが、このような世界的に大きな大会の中で野中選手がご自身の気持ちをどうやって落ち着かせたりとか、コントロールしましか。

怪我をしたことによって、ある意味なんかこう開き直れて、本番は自分自身にそこまで期待をしていませんでした。期待することを一度止めました。もちろんメダルも取りたいし、頑張って皆さんの思いに応えたいって気持ちもすごくあります。でも、オリンピックだからとか、これだけ皆さんがしてくれたからとかを一旦置いてみて、自分のやってきたことを信じて、やることをやる。それにも徹しようと思いました。その結果がメンタルのコントロールに繋がりました。オリンピックと舞台ですごく緊張をしている選手も沢山いましたし、男子の試合を見に行った時もすごく伝わってきました。私はその男子の予選の試合を見て、私はいったん期待等を置いといて、自分のコントロールできる範囲のところで全力を出そうと思いました。特にあの競技フォーマットは他の選手の順位に結構振り回される事が多いので、私は「自分が出来ることはやった。後は、周り次第。」と考えるようにしました。

モチベーションを維持するのは大変な事だと思います。そういう人に対して何かアドバイスはございますか?

先ほどの話にもつながるのですが、私がこの大会で信じることの重要性を感じた理由として、一か月前にはすごく調子が上がっていたのに、怪我をしてしまったり、気持ちが下がったからこそ思えました。これがそのまま調子を維持していたままでしたら同じことを思っていたかなと思うと、やはり違うと思います。伝えたいことは、すごく難しいことだと思いますが、本当に自分自身を信じてほしいです。辛いときは出来ないと思う、と思ってしまうのが多分普通だと思いますが、どこまで信じきれるか。辛いときは、あきらめてしまったり、終えてしまうタイミングがいくらでもあると思います。なんでも理由はつけられますし、腐ってしまうタイミングもいくらでもあります。でもやはり、それを超えて自分を動かし続けられたのはその精神力だったと思います

これからのアスリートに対してのメッセージを競技の第一人者としてお願いします。

競技をずっと続けていて、楽しい事ばかりでは本当にないのですが、何故続けていられるのかと言ったら、やっぱり楽しいって思えるからだと思っています。本当に辛いときも緊張とかもすべて楽しんでしまえば、それも困難や苦労ではなくなりますし、そういう経験もそういう舞台に立って戦っているからこそ味わえるものとして、その瞬間、瞬間を楽しんでいくことを忘れないでほしいです。

次の目標みたいなものはございますか?

もちろんライバルもいますが、試合になったら私と壁との戦いなので、その壁を越えられるかどうかはやはり自分次第です。今までやってきたように、自分を極めていき、可能性や強さをどんどん広げていく必要があるなと思います。まだ大会が終わったばかりですのでそこに進めているわけではないですが、パリオリンピックや間の沢山の大会で結果を残して、自分の目指す強いクライマーに近づいていきたいです。